マナビとシゴトをむすぶプロジェクト|一般社団法人 キャリア教育支援協会

HOME

お知らせ・コラム

HOME > お知らせ・コラム
  • お知らせ・コラムTOP
  • お知らせ
  • コラム

お取引先様各位


時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

平素は格別のお引き立てをいただき厚く御礼申し上げます。


さて、弊社では誠に勝手ながら下記の期間を夏季休業とさせていただきます。

ご不便をお掛け致しますが、ご理解・ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

【夏季休業期間】

2017年8月11日(金)~2016年8月15日(火)

※休業中も、FAX・メールは休まずお受け致しておりますが、
お問い合わせへのご返答は8月16日(水)以降となります。


休業期間中は、何かとご不便をお掛けいたしますが、
ご了承のほど、何卒よろしくお願いいたします。

帝塚山学院泉が丘高等学校様にて

薬学部・医学部進学セミナーを実施いたしました。

本年度も神戸学院大学附属高等学校様より
総合学習の時間として「グローバル&キャリア」の授業のご依頼を
いただきました。

2016年12月17日(金)

昨年と同様、1年生の女子生徒様を対象にした社会人体験講座を開催しました。
3・4時間目の2時間を使い、社会人へのイメージを少しでも持ってもらう為に、「オトナ女子を体験しよう」というテーマを元に、1時間目は “高校生と学生・社会人の違い”を、また今日からなれるオトナ女子として“言葉遣い”を、2時間目には自己PRの最初の導入方法として、「トリセツ(取扱説明書)」を作り、それぞれ発表してもらいました。

2015年12月18日(金)

今年の7月に実施しました2年生対象の大学生クエストに引き続き、今回は1年生の女子生徒様を対象にした社会人体験講座を開催しました。

3・4時間目の2時間を使い、社会人へのイメージを少しでも持ってもらう為に、「オトナ女子を体験しよう」というテーマを元に、1時間目は“高校生と社会人の違い”また今日からなれるオトナ女子として“少しの意識で変わる言葉遣い”を、2時間目には自己PRの最初の導入方法として、「トリセツ(取扱説明書)」を作り、それぞれ発表してもらいました。

2015年11月25日(水)

前回の1年生対象社会人クエストに続き、2年生全員を対象に大学生クエストを開催しました。
今回の大学生クエストには総勢12名の以下の大学生にサポートいただきました。

・京都大学
・神戸大学
・兵庫県立大学
・近畿大学
・神戸学院大学
・流通科学大学
・武庫川女子大学
・甲南女子大学      計8大学     合計12名

の大学生に協力いただきました。忙しい中お手伝いしてくれた大学生の皆さんありがとうございました。


2015年11月4日(水)

昨年に引き続き1年生全員を対象に社会人クエストを開催しました。

今回の社会人クエストも「国際・医療・経営・教育・公務員・スポーツ・これから進路を考えたい」
という7つの分野に分け、高校生は各15分、2名の社会人の話を聞くというスケジュールで実施しました。

2015年10月28日(水)

6月に引き続き、進路ガイダンスを開催しました。

今回は学校を出て、進学希望の方には午前中は大学・専門学校へのバスツアーを実施、午後からは会場にて進学相談会を行いました。また就職希望の方には午前中はバスにて会社見学を実施、午後より進学相談会と同じ会場にて「仕事研究会」を企画・運営させていただきました。

昨年度に引き続き、今年度も「1年次職業人講演会」を開催しました。
昨年同様「グローバルに活躍する人々」をテーマに1年生全員が24人ずつの5クラスに分かれ、社会人5名より講演を聴き、講演内容をクラスごとにまとめて後日発表するという内容です。
今回は当社団より「留学・旅行・貿易・航空」業界で活躍する4名の方に協力をいただき講演をしていただきました。

本来の通常業務のある中、以下の社会人の方々にご協力いただきました。
 ・留学業界…小山 様(SKYUS Co. Ltd)
 ・旅行業界…柴田 様・平井理事
 ・貿易業界…野原 様(ワールドインキュベーター株式会社)
 ・航空業界…Jose(ホセ)様(peach)※通訳…田中 様

皆様、ありがとうございました。 
今回は各業界の中で働くにあたり、
 ・仕事の内容、やりがいや生きがい
 ・成功談・失敗談
 ・仕事をする上で必要なこと(資質・能力・心がけ)
 ・高校時代を振り返って
 ・高校生へメッセージ
などを熱く伝えていただきました。 

小山様からは
「海外ではビジネスの中で、すべてのことに“分かる?”と確認されるのが当たり前。ちゃんと理解しているのかを相手が心配されているのではなく、それが礼儀ということが文化の違いです。」というお話に高校生も驚きを隠せない様子でした。


柴田様からは
「私が就職活動をする中で旅行業に決めたきっかけは、大学の就職活動で初めて新幹線に乗ったことです。新幹線に感動したことはもちろん、同じ日本の中でもこれだけ自分の視野が狭いと感じたので、旅行業で視野を広めたいと思いました。」
と少し恥ずかしそうに昔話をされていましたが、今の仕事に大変誇りを持たれている様子が伺えました。


野原様からは
「まずは何事も“やってみる”ことが大切です。逆に失敗を誰よりも経験したほうが良い。そうすれば自分ができなかったことができるようになったり、視野が広がります。私の人生のテーマは“挑戦”です。」
とこれから社会で活躍してほしい高校生に対する熱いメッセージを送っていただきました。


Jose(ホセ)様からは
「私が今の航空業界で一生働こうと思ったきっかけは、自分の親が乗る飛行機のメンテナンスを豪雪の中作業をしていたとき、機内から“あなたは我々の誇りだ”と言われたときから一生働こうと決めました。」
と大変思い入れの深いお話をしていただきました。


4名ともそれぞれ思い思いのメッセージを伝えていただきました。
話を聞く生徒様も真剣なまなざしでメモを取る姿が印象的でした。


高校生の感想として
・社会人の方のお話を聞いて、「はっ」とさせられることがあった。今日の話で得たものは大きいと思った。将来について少し自信が持てた。
・現役で働いている方のお話を詳しく聞ける機会はなかなかないのでとても良い経験になった。
・自分が働くならゲストのような上司がほしいです!!
・今回の社会人講座はとても貴重な体験になった。海外で将来働きたいし、海外の大学に行きたい夢があるので、頑張りたいと思った。
・仕事を選ぶときお給料や安定なども大切だけど、自分が楽しんでできるかでも選んでいきたいと思った。
・社会人の方が頑張っている姿を見て、僕も頑張らないとと思った。
・仕事を愛し、自分自身を誇りに思い人と人とのネットワークを大切にしていくことが社会で活躍できる秘訣なんだと分かった。
・社会人の方の話を聞いて、やはり日本人には「自分から気持ちを伝える」ことが足りないんだなと感じた。自分から積極的になれるよう日頃から努力をしないといけないなと思った。

と前向きな感想をたくさんいただきました。

この時間を通じて今後の高校生活や進路に役立ててほしいと願います。


 

 

 


7月に引き続き3年生全員を対象に模擬面接を実施しました。

前回の面接対策講座で「高校時代に頑張ったこと」「自己PR」を宿題とし、夏休み中に考えてきてもらった内容を元に面接指導を行いました。

まず1日目…
当社団スタッフにて準備した「面接チェックシート」を元に3段階評価で2日間の変化を図りました。